東北地方温泉3 岩手県

ぐるっとにっぽん温泉めぐり

東北地方の温泉3
(岩手県)

TOPページ >> 温泉情報TOP  >> 東北地方の温泉1 >>   >> 3

地図の表示は
温泉情報TOPページで

東北地方の温泉 3
(151温泉)


青森県  秋田県  岩手県  山形県  宮城県  福島県
温泉地 ひとくちメモ 観光スポット&名産
岩   手   県   の   温   泉
54
金田一温泉郷
青森と岩手の県境の、のどかな田園風景の広がる山里の温泉。
江戸時代の開湯で盛岡南部藩の指定湯治場となり侍の湯と呼ばれた歴史のある名湯。
温泉宿は12軒、日帰り入浴施設は2軒ある。温泉街最奥に座敷わらしに会える宿で知られる緑風荘があり、関西や九州から訪れる若者が多いという。ただし予約でいっぱいということだ。

泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ低温泉)
効能:神経痛 筋肉痛 アトピー 疲労回復

55
安比温泉
安比高原温泉
(あっぴ)

本来の安比温泉は八幡平への安比高原側からの登山道から入ったところにある野湯である。野湯は湯船のみであるが、地元の有志により整備されているという。

安比高原温泉はスキーリゾート開発の一環として開発された温泉であり、安比高原スキー場の麓に温泉街が広がる。日帰り入浴施設は2軒、APPI温泉パティオとあずみの湯。冬のスキーはもちろん、夏にはテニスやゴルフが楽しめるほか、周辺には安比高原牧場などの観光スポットも点在。

泉質:安比高原の源泉 * 単純温泉   野湯の源泉 * 硫黄泉
・安比高原観光

56
藤七温泉
(とうしち)
高1400m、東北地方でもっとも高所にある湯で、「秘境の湯」「雲の上の温泉」として古くから親しまれてきた。
荒涼とした地に一軒宿彩雲荘がたたずみ、ブナやアオモリトドマツの樹海が眼下に広がる。
八幡平山頂へも近く、特にご来光の眺めは美しい。
冬季はアクセス道路である樹海ラインが閉鎖されるため、温泉地も冬季は休業する。電気や電話線が引かれていない。

泉質:単純硫黄泉
効能:神経痛・慢性消化器病・糖尿病・高血圧症・皮膚病・
動脈硬化症・婦人病・筋肉症・うちみ・冷え症など


・八幡平観光
57
松川温泉
十和田八幡平国立公園の南東のはずれで、樹海ラインの入り口の手前にある温泉。開湯は280年前といわれる。
松川渓谷沿いに旅館が点在している。温泉宿は松川の奥の方から、峡雲荘、松川荘、松楓荘と三軒並んでいる。
周辺には硫黄臭が立ちこめ、山奥の秘湯らしいムードが漂う。
付近には日本初の地熱発電所があるが、それぞれの宿が敷地内に源泉を持っているため、発電所の湯は東八幡平温泉に引湯されている。
落葉広葉樹の原生林の中にあり、紅葉が美しい。
山菜が豊富だが、野生の動物が出没するため、山菜やきのこ狩りの際は気をつけて。

泉質:硫黄泉
効能:

58
網張温泉
飛鳥時代の発見という歴史を持ち、かつては帝釈温泉と呼ばれていた名湯だが、江戸時代には山岳信仰の対象とされて、勝手に入浴できないように温泉に網が張られていたという。明治になって、山中にある源泉から現在地まで引湯されて温泉地が開かれ一般に開放されると、湯治客で賑わうようになった。
現在は温泉棟「見晴しの湯」本館「白泉の湯」野天風呂「仙女の湯」日帰り「温泉館」の入浴施設とスキー場、キャンプ場などを有する総合的な宿泊レジャー施設「休暇村岩手網張温泉」lとなっている。

泉質:硫黄泉 透明度のある白濁色
効能:

                                 ▲岩手県のトップへ

59
国見温泉
文化年間の開湯と言われ、開湯当初は南部藩の湯治場であった。
エメラルドグリーンの湯が特徴。湯船にたまる大量の湯の花と、硫黄泉独特の強烈な臭いでいかにも効きそうな湯である。療養・保養のための湯治宿として人気がある。秋田駒ヶ岳の登山客の利用も多い。
旅館は「森山荘」と「石塚旅館」の2軒。どちらも自炊部もある湯治場である。雫石町営の日帰り入浴施設「国見山荘」もある。


泉質:含硫黄炭酸水素塩泉
効能:胃腸病・皮膚病・神経痛・痛風・重金属中毒症・婦人病・糖尿病・冷え症等々
60
繋温泉

(つなぎ)
約1000年の歴史を持ち、温泉名は源義家が穴の空いた石に愛馬を繋いで入浴したことに由来し、温泉神社には、温泉名の由来となった。「つなぎ石」も存在する。
盛岡市の西奥、雫石町との境界線近く、御所湖というダム湖の畔に15軒の宿と保養所等がある。温泉街では朝市も行われている。御所湖を挟んで、観光施設盛岡手づくり村がある。

泉質:単純硫黄泉
効能:


      つなぎ石




石川啄木記念館



小岩井農場
61
鶯宿温泉

(おうしゅく)
開湯は450年前である。
温泉名はウグイスが傷を癒しているところを発見したことに因んでいる。
藩政時代から続いている、湯元の川口旅館(弥十郎)、現在は青山ヘルスセンターを経営している青山の2軒を始め三十軒が鶯宿川の両岸に並んでいる。規模の大きなホテルから、自炊部を備えた旅館まで存在する。
温泉街には 「けんじワールド」 という屋内に海岸を再現した遊泳施設ががあり、温泉施設も併設されている。

泉質:硫黄泉
効能:

                                  ▲岩手県トップへ

花巻温泉郷
【花巻温泉郷】

岩手県花巻市の西部にあり、豊沢川沿いに松倉温泉から新鉛温泉までの8つ、山を挟んで北側に花巻温泉、台温泉など4つの温泉がある。
豊沢川沿いの8湯は花巻南温泉峡と呼ばれる場合も多い

・花巻の観光

・宮沢賢治童話村

・宮沢賢治記念館など



・イギリス海岸



南部杜氏伝承館
  62 花巻温泉
1923年に、台温泉からの引湯で開かれた。
昭和初期には、「東北の宝塚」を目指し、旅館、貸別荘、動植物園、ゴルフ場、テニスコート、プール、住宅、30箇所以上の入浴場が建設され、一大行楽地として栄えた。戦後になってボーリングを実施して独自源泉を確保している。
花巻電鉄の駅跡地周辺に「花巻温泉」が経営する5軒と、割烹旅館廣美亭がある。
温泉地のホテルでは、演歌歌手によるコンサート・舞踊ショー・マジックショーなどの公演が行われる。

泉質:アルカリ性単純泉
効能:神経痛、関節痛、運動麻痺、痔疾、慢性消化器病、冷え症、疲労回復
  63 台温泉
約1200年前に坂上田村麻呂が発見したという伝説のある温泉。
(史実では600年)台川沿いの谷間に約20軒の旅館がひしめくように建っている。

泉質: 単純硫黄泉 * 含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・硫化物泉*ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉など
効能:きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、など
   64 新湯本温泉
山あいに立つ一軒宿美翠館
周囲にはリンゴ園や田園風景が広がっている。
大露天風呂や温泉プールなど、豊富な湯を利用した施設を備えるほか、テニスコートなどのスポーツ施設もある。

泉質:アルカリ性単純温泉1
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、関節のこわばり
  65 金矢温泉
約1平方kmもの敷地面積をもつ花巻広域公園内に湧く温泉。
付近には遊歩道やアスレチック、テニスコート、ゴルフ場などがあり、レジャーには事欠かない。

泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、疲労回復、筋肉痛など

                                 ▲岩手県トップへ
   66 松倉温泉
豊沢川沿いに、規模の大きなホテル水松園が存在する。
テニスコートやゴルフ練習場など備えている。

泉質:アルカリ性単純泉
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺
   67  志戸平温泉
火傷、高血圧症・リュウマチ性疾患、創傷
平安時代初期に坂上田村麻呂の一行が発見したといわれ、江戸時代には湯治場として利用されていた歴史のある温泉。
豊沢川沿いに志戸平温泉「游泉 志だて」と、14種類の風呂が自慢のホテル志戸平のふたつの宿泊施設がある。

泉質:含食塩芒硝泉
効能:火傷、高血圧症・リュウマチ性疾患、創傷
   68  渡り温泉
志戸平温泉の上流、大沢温泉の手前、豊沢川沿いに平成2年にできた一軒宿の「花ごころの宿 渡り」がある。
趣の異なる「かえで」と「さつき」の2つの宿泊棟からなり、バラエティに富んだ湯浴みが楽しめる。特に女性に人気が高い

泉質:硫黄泉
効能:神経痛、リウマチ、胃腸病など
   69  大沢温泉
平安時代初期に坂上田村麻呂が発見したと伝えられ、江戸時代には歴代の南部藩主も利用したといわれる古い温泉である。
豊沢川沿いに一軒宿の「大沢温泉」は、新館である「山水閣」、南部藩主の定宿であった「菊水館」、湯治場である「自炊部」から成っている。
自炊部にある豊沢川沿いの混浴露天風呂「大沢の湯」が有名。
宮沢賢治、高村光太郎、相田みつをゆかりの温泉である。

泉質:弱アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、リュウマチ、胃腸病、うちみ、くじき、婦人病等
   70 山の神温泉
大沢温泉と高倉山温泉の間にある温泉。大型の一軒宿幸迎館が存在する。

泉質:単純泉1
効能:神経痛、リュウマチ、胃腸病、うちみ、くじき、婦人病等
  71 高倉山温泉
山の神温泉と鉛温泉の間にあるラジウム含有量が多い温泉。
一軒宿の豊楽園がある。自炊部のみの湯治場である。

泉質:単純泉
効能:神経痛・リウマチ・関節痛など
  72 鉛温泉
豊沢川沿いに一軒宿の「藤三旅館」がある。。
立ちながら入浴する足元湧出の湯船「白猿の湯」が有名。旅館部と自炊部がある。
近くには鉛温泉スキー場が存在する。

泉質:単純泉
効能:神経痛、リウマチ、胃腸病、筋肉痛
  73 新鉛温泉
花巻南温泉峡の最奥部、鉛温泉の奥に一軒宿ホテル愛隣館がある。
近代的な設備とさまざまなサービスが自慢の宿岩盤浴・アロマエステルームもあり。
ホテル内のお祭り広場では、毎晩イベントが行われている

泉質:ナトリウム泉
効能:動脈硬化症

                                 ▲岩手県TOPへ
湯田温泉峡
【湯田温泉峡】
湯本温泉は1658年(万治元年)の開湯だが、明治時代に入ってから鉱山開発が行われると共に温泉も発見されていき、温泉峡が形成されてきた。
最寄り駅はほっとゆだ駅、ゆだ高原駅など

湯田温泉峡の観光


・安ヶ沢カタクリ群生地


・弁天島
利賀川に囲まれた小島。イワナの宝庫


・碧祥寺博物館
5つの資料館内には国の重要有形文化財である丸木舟をはじめ、今に続く沢内村独自の文化や風習の下地となったマタギに関する資料や、厳しい自然環境の中で生きてきた人々の知恵が生み出した生活用具などが展示されている


・西和賀町雪国文化研究所



   ほっと湯田駅



     穴ゆっこ
  74 湯本温泉
1658年(万治元年)開湯。和賀川の清流に沿って旅館が立ち並び、温泉峡の中心となっている。6軒の宿のほか近くには町営屋内温泉プールがある。

泉質:ナトリウム・硫酸塩・塩化物泉
効能:きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病・動脈硬化症
  75 湯川温泉
古くからの湯治場で、現在も自炊兼用の宿が多く、昔ながらの湯治場の風情を残している。
出途の湯、中の湯、奥の湯の湯量豊富な三つの温泉からなり、峡内の南側の中心地的温泉になっている。15軒の宿がある。

泉質:硫酸塩泉
効能:きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病・動脈硬化症
  76 巣郷温泉
ゆだ高原駅に近く、高地にあるため眺望が魅力。3軒の宿のほか、日帰り入浴・クアハウスあり。

泉質:硫黄泉
効能:慢性皮膚病・慢性婦人病・きりきず・糖尿病
  77 大沓温泉
ほっとゆだ駅から湯本温泉に向かう途中の一軒宿「ほっとハーブ錦秋」。
「歩行浴」が特徴。歩くことで効果を上げる入浴方法で、湯船に歩行コースがあり、さらにその底には玉石が敷き詰められており、足の裏のツボを刺激して血行を良くしてくれる。
和賀川沿いにあり対岸のオロセ倉を望むことができる。

泉質:ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
効能:肩こり・便秘・冷え性・不眠症・高低血圧
  78 薬師温泉
自然林に囲まれた新しい静かな湯治場。一軒宿中山荘が存在がある。オロセ倉の山頂近くに建っているため歩いて山頂から湯本温泉方面の雄大な風景を見晴らすことができる。

泉質:硫酸塩泉
効能:きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病
  79 槻沢温泉
湯本温泉の北側にあり、砂風呂も楽しめるという町営の温泉。宿泊施設はない。

泉質:ナトリウム、カルシウム−硫酸塩、塩化物泉 (低張性弱アルカリ性高温泉)
効能:肩こり・神経痛・冷え性・腰痛
  80 左草温泉
温泉峡の最奥部に位置ある町営の宿泊研修施設。「ふれあいゆう星館」

泉質:単純泉
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・慢性消化器病・冷え性
  81 川尻温泉
ほっとゆだ駅に引かれている温泉

泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
効能:動脈硬化・きりきず・やけど・慢性皮膚病
  82 錦秋湖温泉
ゆだ錦秋湖駅に近い日帰り入浴施設「穴ゆっこ」、秋田自動車道錦秋湖SA内「オアシス館」がある。

泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・うちみ・くじき・慢性消化病・疲労回復

      
                              ▲岩手県トップへ
83
夏油温泉
(げとう)
平家の落人の末裔が巨大な白猿と戦った翌年、その猿が気になって山中深く入った際に、温泉で傷を癒している姿を見て発見したとされ、江戸時代には「数々の霊妙な名薬含む南部藩随一の名湯」と記された温泉である。
焼石岳中腹の山の中の一本道を渓谷沿いに1時間ほど上ったところにある秘湯で、元湯夏油のほか2軒の旅館がある。
天然洞窟内に温泉が湧き出た洞窟風呂が名物だが、夏油川沿いの露天風呂はほとんど元湯夏油のものである。
元湯夏油のお土産屋や、食堂、雑貨屋などで、小さな温泉街のようになっている。
冬場は夏油高原スキー場から先の道が通行止めとなるため行くことは出来ない。

泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物泉など
効能:神経痛、リウマチ、皮ふ病など

84
須川高原温泉
栗駒国定公園内、標高1126mの岩手県と秋田県の県境にまたがる温泉。
秋田県側は須川温泉という。温泉からの眺望は雄大で、遠く鳥海山、月山までも望むことができる。歴史は古く、「酢川」の名称で文献などに登場していたが、温泉地として開けたのは約300年前である。
日本でも非常に希な強酸性のみょうばん緑ばん泉で、特に胃腸病、婦人病、呼吸器病などにすぐれた効果がある。
一軒宿の「須川高原温泉」は露天風呂の千人風呂が有名である。
また蒸気の噴出孔にムシロを敷き、その上に寝そべるおいらん風呂が人気
温泉地から栗駒山への登山道が伸びており、登山の基地としても利用されている。

泉質:含硫黄-鉄-アルミニウム硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・うちみ・くじき・慢性消化病・疲労回復
・栗駒山登山
85
真湯温泉
(しんゆ)
強酸性の須川高原温泉での湯治後の仕上げ湯として利用されてきた温泉である。
ブナの原生林に囲まれた一軒宿の市営「真湯山荘」には、露天風呂、子供達が釣堀などで楽しめるシャブシャブ広場、温泉付きコテージがあり四季を通じてくつろげる。

泉質:ナトリウム、カルシウム、硫酸塩温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
効能:動脈硬化、切傷、火傷、慢性皮膚病、神経痛、関節痛、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、
    慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期                    ▲このページのトップへ 

                                         次のページへ → 1  2  3  4  5



スポンサードリンク


ぐるっと日本温泉めぐりTOP

日本人の温泉観と歴史

温泉のしくみ

温泉の泉質と効用

温泉の入浴方法と注意点
温泉情報TOP

北海道地方の温泉
東北地方の温泉
北陸地方の温泉
(福井・石川・富山)
関東地方の温泉
甲信越地方の温泉
(山梨・長野・新潟)
東海地方の温泉
(岐阜・愛知・静岡・伊豆)

近畿地方の温泉
中国地方の温泉
四国地方の温泉
九州・沖縄地方の温泉

森林浴の森百選TOP

北海道地方
東北地方
北陸地方
関東地方
甲信越地方
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方

水源の森百選
日本の祭りと行事

春の祭り
夏の祭り
秋の祭り
冬の祭り


女ひとり旅あれこれ
プロフィール

私の趣味のお部屋
・ミニチュア
・音楽と私
・我家のポメラニアン



夢のログハウス


リンクのページ


サイトマップ



青森県 秋田県 岩手県 宮城県 山形県 福島県
Copyright() All Rights Reservedぐるっとにっぽん温泉めぐり